読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイワレの大冒険 Third

技術的なことや他愛もないことをたまに書いてます

Drobo FSで遊んでみた

ちょいとDrobo FSに触れる機会があったので、その備忘録。

  • まず本体を入手しましょう。色々タイプあるので、予算とか容量を考えて、ゲット。
  • HDDをぶち込む。容量自由。今回はSATA 3TBを5台入れてみた。
  • Windowsなり、Macなりでクライアントのソフトを入れる。
  • DHCPでDroboにIPが振られる環境作る。ファイアーウォールとかセキュリティソフトに邪魔されないよう。
  • クライアントが本体を認識したら、DroboAppsのページでApacheをダウンロード。
  • 展開されたら、apache.tgzをそのまま「DroboApps」フォルダにぶちこむ。本体再起動。
  • 次に、「DroboApps Admin Utility」を同様に展開、ぶちこみ、本体再起動。

これでだいぶ作業ができるようになってくる。

  • Dropbear, unfsd, rsyncあたりを入れて、sshでログインできたり、転送できる環境を作る。
  • sshのパスワード変える。「/mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/dropbear/root_passwd」実行でパスワード変更

あとは細かい設定をする。 (※IP・ポートとか適当)

NFSの設定

# cd /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/unfsd/
# ls
exports     portmap     service.sh  unfsd       unfsd.log   unfsd.pid
# cp -p exports exports.orig

### 同一ネットワークからマウントできるようにセグメントきる
# vi exports
/mnt/DroboFS/Shares 192.168.11.0/24(rw,no_root_squash)

# ./service.sh restart

# ps | grep portmap
 4313 1         1580 S    /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/unfsd/portmap
 4322 root      3036 R    grep portmap

### クライアント側
# 疎通を確認(適当なマシンからIP直打ち)
ping 192.168.11.119

# マウントするディレクトリを作成
# mkdir -p /mnt/drobofs

# マウントできるかを確認
# mount -v -t nfs 192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public /mnt/drobofs

# ps aux | grep portmap
root     15983  0.0  0.0   4984   764 pts/0    R+   10:43   0:00 grep portmap

# /etc/init.d/portmap start
portmap を起動中:                                          [  OK  ]

# ps aux | grep portmap
rpc      15973  0.0  0.0   1808   540 ?        Ss   10:43   0:00 portmap
root     15983  0.0  0.0   4984   764 pts/0    R+   10:43   0:00 grep portmap

# mount -v -t nfs 192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public /mnt/drobofs

# df -h
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public
                       16T  417M   16T   1% /mnt/drobofs
# umount /mnt/drobofs

# vi /etc/fstab
192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public /mnt/drobofs  nfs rsize=8192,wsize=8192,intr

# 読み直し
mount -a

詰まるところはたいしてないかもだけど、クライアントのマシンでportmapが立ち上がってないとかでうまくいかないことはあるかもな。

rsyncの設定

まぁ、nfsがあるので、そっちのほうが早いだろうけど、バックアップシェルとかrsync使ってる人いるかもだし、とりあえず設定しておこう。

# DroboFS側
# ps | grep rsync
  425 root      1204 S    /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/rsync/rsync --daemon --
  483 root      3036 R    grep rsync


# クライアント側
# マウントしていることを確認
# df -h
192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public
                       16T  4.7G   16T   1% /mnt/drobofs

# ex: カレントのディレクトリにある「test.iso」を転送
# rsync -av --no-p -e ssh /tmp/test.iso 192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public/masudak/

#@@@ ここで躓いたり…
root@192.168.11.119's password:
sh: rsync: not found
rsync: connection unexpectedly closed (0 bytes received so far) [sender]
rsync error: remote command not found (code 127) at io.c(463) [sender=2.6.8]


# 要はDrobo側のシェルでrsyncが見つけられないので、/bin以下にパスをシンボリックリンクで通す
# ln -s /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/rsync/rsync /bin/rsync

# rsync -av --no-p -e ssh /tmp/test.iso 192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public/masudak/
root@192.168.11.119's password:
building file list ... done
test.iso

# rsync -av --no-p /tmp/test.iso 192.168.11.119:/mnt/DroboFS/Shares/Public/masudak/
root@192.168.11.119's password:
building file list ... done
test.iso

まぁ、マウントできれば、rsyncの必要はないのだろうけれど、こんなこともできます。

終わりに

上記のdfコマンドで見る限り、16T認識してますが、独自RAIDみたいなものがあって、それで「ドライブ冗長化」(RAID6みたいなもの)をすると、8.7TBぐらいになりました。妥当なのかどうなのか。

とりあえず、自由に容量選べるのと、思ったより静かだなという点では、今後が楽しみなストレージかもしれません。事例増えるといいなー。